消費者金融のイメージについて考察したよ。街金が減ってネット申し込みが主流に

消費者金融がテレビのCMに登場してからだいぶたちますが、有名人が出演しているため敷居が低くなっている感じがしていることは確かです。銀行でもカードローンでお金を借りることができることを知っている人もいると思いますが、ノンバンクと言われる消費者金融が先に思い浮かぶ人が大半だと思います。

銀行のカードローンは金利は安いのですが、審査が厳しいので消費者金融を利用しているのが現実なので手軽に借りることができます。ただし少量規制の対象になっているので年収が低い人はそれほど借りることができないしくみになっています。

過払い金のCMもよく見かけますが、借入期間が5年以上で金利が18%を超えて借りていた場合には超過分を請求すれば返してくれるしくみになっています。逆にいうと、返せない場合はどんどん利息が累積して返却できなくなりまた借金を重ねることになります。

街金とよばれるところは店を構えているところは少なくなってきて、インターネットが主流になっています。大手の消費者金融よりさらに審査が緩くなっていますが、インターネットで気楽に借りられる意味を十分自覚しておいた方がよいと思います。