中にはフレンドリーな街金もある

世の中にはキャッシング利用中の人は大勢います。今までに一度でもキャッシングを利用したことのある経験者なら、間違いなくもっと大勢います。しかし、その人たちの多くは、キャッシング業界でも名の通った大きな会社だけを利用しているに違いありません。あまり知られていない街金の利用者は、そう多くはないのが実情です。

それは当たり前と言えば当たり前でしょう。何しろ街金のような小さなキャッシングを利用しようと思うと、ヤミ金の餌食になってしまう危険があるのです。ですから多くの人は、その危険のない有名で大きな会社を選ぶのです。それは当然のことなのです。

しかし、だからと言って街金の価値が低いわけではありません。街金には街金のメリットがあります。そのキャッシングは、人によっては大手のキャッシングよりも利便性が非常に高いのです。だからこそ、街金の利用者は増えないとしても無くなることもないのです。

それに街金の中には、とてもフレンドリーな経営者もいます。もしも運良く顔馴染みになって仲良くなれれば、人より有利な融資が受けられる可能性さえあるのです。

カードローンと消費者金融どっちがいい

銀行系のカードローンの宣伝が増えた一方、消費者金融系の宣伝が減ったように感じます。そのくらいカードローンと言うのは勢いがあるのだと感じます。そのカードローンですが強みは何といっても借り入れ限度額にあると思います。

何百万と融資が出来るところもあるようですし、何より他の消費者金融などの借り入れがあった場合借金を一本化出来ますし金利も消費者金融より安いことが多いからよく使われていると考えられます。ただし、カードローンの場合額が額のため場合によっては連帯保証人が必要であったり、会社への在籍確認をさせられたりと審査が厳しいようです。

そのため審査に時間がかかるため、即キャッシングというのが難しいようです。ちなみに、消費者金融の場合1回の融資で百万円単位で行われることはごく稀でなおかつ利息がカードローンよりも高いというのが常識です。

ですが、審査も1時間ほどで済みますし急いでお金を借りたいという場合は消費者金融の方がいいので、私は急遽お金が必要になった場合は消費者金融を使っていました。

消費者金融のイメージについて考察したよ。街金が減ってネット申し込みが主流に

消費者金融がテレビのCMに登場してからだいぶたちますが、有名人が出演しているため敷居が低くなっている感じがしていることは確かです。銀行でもカードローンでお金を借りることができることを知っている人もいると思いますが、ノンバンクと言われる消費者金融が先に思い浮かぶ人が大半だと思います。

銀行のカードローンは金利は安いのですが、審査が厳しいので消費者金融を利用しているのが現実なので手軽に借りることができます。ただし少量規制の対象になっているので年収が低い人はそれほど借りることができないしくみになっています。

過払い金のCMもよく見かけますが、借入期間が5年以上で金利が18%を超えて借りていた場合には超過分を請求すれば返してくれるしくみになっています。逆にいうと、返せない場合はどんどん利息が累積して返却できなくなりまた借金を重ねることになります。

街金とよばれるところは店を構えているところは少なくなってきて、インターネットが主流になっています。大手の消費者金融よりさらに審査が緩くなっていますが、インターネットで気楽に借りられる意味を十分自覚しておいた方がよいと思います。